· 

同一労働同一賃金

しばらく前にも書きました同一労働同一賃金ですが、企業様の認知がまだまだ進んでないようです。

単純に言えば「非正規雇用社員の待遇を正規雇用社員と同じにしなさい」ということで、パートタイム・有期雇用労働法として中小企業では2021年4月1日に適用されます。

もちろん、正規雇用社員と非正規雇用社員では所定労働時間・能力・責任・経験等の差が見られる場合が多いので、これらの差に応じた合理的な待遇差は問題ありません。

ただ、非正規雇用社員に待遇差の内容・理由等を説明する義務があり、裁判外紛争解決手続きも規定されます。

具体的にどのような対応を行う必要があるかは厚生労働省の同一労働同一賃金特集ページにあるリーフレットが参考になります。(PDFファイルを上げましたのでダウンロードしてください)

とはいえ、各企業により賃金制度やその他待遇は千差万別であり、自社ではどうすればよいのか?という経営者様がほとんどであると思います。

 

会社員時代には労働組合役員の経験もあり、経営者側・労働者側の視点で同一労働同一賃金への対応をご一緒に考えることができます。

お気軽にご相談ください。

 

ダウンロード
000467476.pdf
PDFファイル 2.9 MB