経営に役立つ便利ツール2

今回は「ロカベン」こと、「ローカルベンチマーク」をご紹介します。

経済産業省HPにローカルベンチマーク(通称 ロカベン)と、あだ名を指定して紹介されています。よって以下「ロカベン」で記載します。

「ロカベン」とは、

 

ローカルベンチマークは、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)として、企業の経営者等や金融機関・支援機関等が、企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるものです。
具体的には、「参考ツール」を活用して、「財務情報」(6つの指標※1)と「非財務情報」(4つの視点※2)に関する各データを入力することにより、企業の経営状態を把握することで経営状態の変化に早めに気付き、早期の対話や支援につなげていくものです。

(経済産業省HPより抜粋)

 

「ロカベン」は、エクセル形式のファイルとして、以下からダウンロードできます。http://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

 

入力シートに売上高や営業利益等の財務情報、非財務ヒアリングシートに経営理念や強み・弱み、差別化ポイント等を記入します。

財務情報については上記の6つの指標(①売上高増加率(売上持続性)、②営業利益率(収益性)、③労働生産性(生産性)、④EBITDA有利子負債倍率(健全性)、⑤営業運転資本回転期間(効率性)、⑥自己資本比率(安全性))が業種平均と共に示され、レーダーチャートとして表示されます。自社の財務上の強いところと弱いところが一目瞭然です。

金融機関・支援機関等が事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるとあるので、非財務ヒアリングシートは金融機関や支援機関との対話に使用するということでしょうか。4つの視点(①経営者への着目、②関係者への着目、③事業への着目、④内部管理体制への着目)に関して記入します。

財務情報は財務諸表を見ながら打ち込めば簡単ですが、非財務ヒアリングシートは記入に悩む経営者の方もおられるでしょうね。4つの視点について明らかにすることは、経営・事業計画を作る準備段階の作業と言えると思います。

 

事業性評価の入口としての活用ですから、今後、金融機関との付き合いの中で、融資を申し込んだときに「じゃあ、まずロカベンを」となるかもしれませんね。

きちんと経営診断をしようと思うと物足りませんが、簡単に財務分析ができて、業種平均と比較ができます。金融機関等から求められなくても年に1回、決算後に「ロカベン」とか、お薦めです。