人材育成には改善提案

 

少し前ですがものづくり白書が発表されました。

その中で面白い調査がありました。

「ものづくり人材の育成・能力開発のために行われている取組」という調査で、「改善提案の奨励」を大企業では74.1%が行っていると回答。中小企業は20.5%の回答。すべての選択肢の中で大企業と中小企業の差が一番大きい結果でした。

改善提案は設備投資が必要なわけでは無く、運営に大きなコストがかかるわけでもなく、お金をかけずにできる取り組みです。

経営資源の乏しい中小企業こそ、取組むべきだと思うのですが・・・。

ちなみに「ものづくり人材に対する人材育成、能力開発の取組の成果」という調査では成果が上がっていると答えた大企業は78.8%。中小企業が59.2%。大企業の方が人材育成・能力開発の成果を実感しています。

改善提案などの継続的で地道な取り組みが成果を上げていると言えるのではないでしょうか。

2017年6月 平成28年度 ものづくり基盤技術の振興施策 より