5S

生産の現場は常に変化が求められています。

しかし、新しい生産方式を導入しても失敗する例が多いのも事実です。

その原因の多くは5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)が不十分であることです。

  

 整理 一言で言えばいらないものを捨てることです。

    まずは捨てるルールを作ります。

    もしかして将来使うかも?もしかして売れるかも?

    断捨離という言葉があります。ルールに沿って思い切って捨てちゃいましょう!

    

 整頓 使いたいものを使いたいときに使いやすい状態にすることです。

    よく使うものは近くに、あまり使わないものは遠くに。

    表示も必要ですし、色分けすると一目瞭然ですね。

 

 清掃 簡単に言うと掃除です。

    スケジュール、ルールを決めましょう。毎日の掃除と定期的な大掃除を基本とし

    ます。スケジュール外でも汚れたらすぐに掃除しましょう。

    掃除用具は掃除がしやすい位置に置かれていますか?

    そもそも汚れの発生源を断つ活動も必要です。

 

 清潔 整理・整頓・清潔(3S)が維持されていることです。

    ルールに基づいて3Sの活動が出来ていますか?

    職場でのミーティングや5S委員会、経営者による巡回等、チェック体制を整えま

    しょう。

 

 躾  従業員が自律的に5Sを維持・改善できる状態にすることです。

    上から押しつけてもなかなか身に付きませんね。でも、自主性に委ねるだけでも

    身に付きません。当たり前になるまで根気よく指導する必要があります。

 

5Sは単なる美化運動ではありません。

仕事のムダを無くす第一歩の活動です。

しかし、残念ながら5Sの本質を知らずに、単なる美化運動になっていることも見受けられます。

正しい5S活動をするだけで劇的な生産性向上効果を生み出した例は数多くあります。