製造業向け 人材・組織開発プログラム

改善提案制度を利用した人材と組織のブレークスルー

当事務所は改善提案制度を活用したリーダーシップ教育による「人材と組織のブレークスルー」をご提案します。

 

改善提案制度は主に生産性向上・コストダウンなどの「成果」と、考える習慣をつけることによる「人の能力向上」、「モチベーション向上」を目的とした企業全体の活動です。

 

改善提案制度による能力向上の対象は、主に管理職ではない一般社員ですが、

当事務所がご提案するのは改善提案活動を活用した「管理職のリーダーシップ向上」です。

 

改善提案活動での「成果」と「人材・組織開発」の両方を実現します。

改善提案には上司(管理職)の支援が不可欠です。

この支援を通じて管理職にリーダーシップを身に付けてもらいます。

 

リーダーシップ教育というと、通常OFF-JT(職場を離れた研修などの教育、主に座学が中心となる)が中心となりますが、OJT(職場で先輩や上司が行う教育、主に実践が中心となる)で行う、より実践的なリーダーシップ教育です。

 


全業種向け

管理職向けセミナー

多くの企業ではプレイヤーとして優秀な人がマネージャーとなります。

 

必ずしも、優秀なプレイヤーが優秀なマネージャーになれるわけではありません。

特に海外のプロ野球やプロサッカーでは実績を残した超一流の選手より、プレイヤーとしては一流に届かなかった(プロの世界で戦えるだけで超一流ですが)選手が大監督になるケースがありますね。

 

しかし、日本の企業ではプレイヤーとして優秀でなかった人が管理職になると、不満に感じる人もいるでしょう。

日本式労務慣行では、プレイヤーの上位者がマネージャーという考えが一般的ですし、プロスポーツのように結果が勝敗としてはっきり出るわけではないので、マネージャーとしての優劣が出にくく、プレイヤーとして優秀である人がマネージャーとなるほうが、チームメンバーへの指導やプレイヤーとしての貢献度などから合理的とも言えます。

 

そこで重要なのがプレイヤーから管理職への意識と知識の転換です。

自らがプレイヤーとして結果を出すことから、チームメンバーに結果を出してもらうためのマネジメントやサポートの必要があります。

 

マネジメントに必要な知識の修得、マネージャーとしての意識の転換をお手伝いします。


全業種向け

従業員セミナー

会社が利益を出す仕組みを中心に分かりやすくご説明します。

利益が出る仕組みがわかれば、従業員の意識が変わり、自らやるべきことが見えてきます。

 

指示待ち から 自律的に動く従業員 として活躍するきっかけをご提供します。


新入社員セミナー

小売業用新入社員セミナー資料を差し上げます。

お問合せフォームからご連絡ください。

約20ページの資料をお送りします。

1時間程度のセミナーが出来ると思います。

サンプルです

ダウンロード
会社が利益を出す仕組み(小売).pdf
PDFファイル 93.0 KB

製造業用です。

ダウンロード
会社が利益を出す仕組み(製造).pdf
PDFファイル 101.2 KB