働きかた改革への対応

働きかた改革の概要を以下に記しました。

有給休暇の取得、勤務間インターバル制度は2019年4月から中小企業にも適用されます。

時間外労働の上限規制が2020年、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保(同一労働同一賃金)も2021年からとなっています。

 

この間、現在の労働条件の把握と再検討が必要になり、非常にタイトなスケジュールになると予想します。

特に同一労働同一賃金は、現在の就業規則や賃金規定をゼロから見直す必要があります。

 

労働条件を法律に合わせるだけでは良いのでしょうか?

 

働きかた改革で、企業の負担は確実に増加します。

法律を守るのは当然として、それ以上の改革・改善で生産性を向上させる取り組みが必要です。